『医療画像の遠隔診断サービスの展開に伴い株式会社ミウラとエムネスで共同開発した、画像表示装置や報告システム、データ変換ソフトの拡販を図る。』としてご紹介いただいています。   2006年11月16日 広島経済レポート

『病院など医療機関で患者がコンピュータ断層撮影装置(CT)や磁気共鳴診断装置(MRI)で検査を受けた場合、撮影画像は一次的には主治医が診断する。 遠隔診断サービスは、放射線科の画像診断の専門医が二重に見ることで診断の精度 […]

『病院など医療機関で患者がコンピュータ断層撮影装置(CT)や磁気共鳴診断装置(MRI)で検査を受けた場合、撮影画像は一次的には主治医が診断する。 遠隔診断サービスは、放射線科の画像診断の専門医が二重に見ることで診断の精度 […]

『医療機器が高度化する一方で、複雑化する画像診断のネットワークを発展させ、画像を含めた検査データの共有化、データセンター化も視野に入れながら、中国地方全域へのエリア拡大も検討している』としてご紹介いただいています。 20 […]

『システム開発のミウラは、遠隔画像診断のエムネスと共同開発した遠隔画像診断システムの中国語版を8月に発売した』としてご紹介いただいています。 2002年9月26日 中国新聞

『ミウラはエムネスと共同で、医療用の画像ビューワー「電子シャーカステン」を発売した』としてご紹介いただいています。 2001年12月18日 日刊工業

『コンピュータシステム開発が主力のミウラは、医療ベンチャーのエムネスと業務提携し、医療分野におけるデータ共有などの情報化支援事業を開始した』としてご紹介いただいています。 2001年12月15日号 広島経済レポート

『ミウラと協同で自社システムを構築する中で、放射線診断医に使い勝手の良い装置ができたことから、ミウラを通じ外販に乗り出すことになった』としてご紹介いただいています。   2001年11月16日 Business &amp […]

地域密着型医療を充実

『広島県で初めて、インターネットを通じた医療画像の遠隔診断サービスに乗り出した企業』としてご紹介いただいています。 2001年11月16日 Business & Technology

『民間企業を設立し、パソコンを使った画像診断に乗り出した企業』としてご紹介いただいています。 2001年6月24日 中国新聞

1 4 5 6