AIが医師をサポート 株式会社エムネスは医師の画像診断をサポートするAIを紹介していた。アルツハイマーや脳動脈瘤の疑いがどのくらいあるか、AIが画像の特徴から分析し、医師に伝える。画像から脳の体積を推定し、脳の収縮につい […]

自民党政務調査会の委員会で、医療界のIT活用について提案させていただきました。2月の広島県議会の時と同様に、中国新聞に取材いただきました。医療は極めて公共性が強い事業分野。医療界の課題解決を進めるには、政治家の理解が欠か […]

新潮社の硬派なオピニオンサイト「Foresight」に取材いただきました。多岐にわたる(社外から見ると難解な)弊社の取り組みを、長尺の原稿で漏れなく、丁寧にご紹介いただきました。また、読者コメント欄には非常に誠実なコメン […]

画像診断医の情報誌「Rad Fan」に寄稿しました。昨年社会問題になった医療過誤について、感じるところを書きました。(医療過誤について、たとえばNHKクローズアップ現代を参照ください)原因の一つは読影医と主治医の間のコミ […]

弊社社長の北村が、広島県議会予算特別委員会に参考人として出席、遠隔画像診断やAIを使った診断支援などの取り組みをご紹介させていただきました。画像診断医は「黒子の医師」といわれ、一般的な知名度はきわめて低い存在。このような […]

関口宏さんの司会による、TBSのオピニオン番組。医療のみならず、社会全体を視野に入れ、AIの功罪を論じています。AIの普及に伴う失業や「人間の価値が根本的に損なわれるのではないか」という不安など、負の側面に尺が割かれてい […]

認知症の最前線

認知症の診断においてAIが注目を集めている現状を解説しています。その一つの事例として弊社の取り組みをご紹介いただきました。ほかにもSPECT画像を使ったアプローチや、認知症発症のタイミングを予測する研究など、各地の事例が […]

半歩先の未来

「Society 5.0」は内閣府が描く近未来の社会像。そのイメージビデオに、弊社のシステム「ルックレック」を取り上げていただきました。Society 5.0のホームページには次のようにあります。 「これまでの情報社会で […]

広島のCATV、ちゅピcomにも取材いただきました。モンゴルの医師、そして放射線技師の研修の様子を、丁寧に撮影してくださいました。CT画像を調べる鋭いまなざし、診断をめぐって議論する熱っぽい口調。彼らの真剣な姿勢が映像に […]

モンゴル医師ら研修

モンゴルの診断技術向上のためのプロジェクトを取材してくださいました。モンゴルから今回の研修に参加したのは、放射線科医ら19人。広島大病院と弊社の2グループに分かれて学んでいます。今回の研修は27日まで。その後プロジェクト […]

1 2 3 6